人生で最高の晴れ舞台に後悔しないための方法|和婚も人気

式で利用すること

レディたち

結婚式は一緒の思い出になります。そのため、様々なことにこだわりを持って設けるカップルが多いです。現在では、結婚式に個性を出すため様々な業者が登場しています。その業者を利用することで思い出となる式にできます。

プランを考えよう

カップル

式と披露宴はできる限り近場で

結婚式をこれから行おうと考えている場合、どのようにセッティングをするかどうかいろいろ迷うと思います。ほとんどの人にとっては一生に一度の出来事、最初から最後までやってよかったと思える式にしたいところです。結婚式当日にスムーズに行うためのポイントとしては、結婚式場と結婚披露宴の会場はできる限り近く、可能ならば同じ建物内で行えるようにした方がよいでしょう。式が済んでからの披露宴までの準備に移動が加わるとそれだけで大変ですし、参加者も混乱する恐れがあります。そのため、結婚式場と披露宴の会場が同じ建物かつ同じ階層に作ってあり、親族紹介や控室なども含めて同じ階層だけで済むようにしてあるホテルなどで行うことができれば当日は大変スムーズに進行することができるでしょう。

結婚式の平均的な料金

結婚式を挙げるにあたって、結婚式場の予約から披露宴をおこなうまで、いったいいくらかかるのかというのはとても重要なポイントです。その結婚式場自体の相場や式全体の規模、また式を挙げる日程などによっても変わってきます。参考までに、挙式、披露宴・披露パーティの総額としては平均で約340万円といわれています。全体の参加者は80人程度の規模が多いようです。実際には結婚をする新郎新婦にはご祝儀がありますので、実質的な自己負担額としては平均して約120万円ほど負担しているようです。全額を自己負担するというのはなかなか考えにくいので、ある程度このご祝儀による分も計算をして、自分たちで払うことのできる範囲に収めるようにするのがポイントでしょう。また、二人だけで式を挙げるのであれば和婚がオススメです。和婚は神社などを利用して結婚式を挙げるのですが、20万円以内で挙げられるところが多いので費用を抑えつつ結婚式を挙げることが出来るでしょう。また、和婚のプランなども豊富となっており、アルバムなども作成してくれるサービスもあります。プロのカメラマンが撮影してくれるので綺麗な仕上がりになり、思い出の写真を得ることが可能です。

二次会という宴

複数の人

二次会代行とは二次会を行う際、本来なら幹事を行う人物の代わりに会場を選んだり準備までを引き受けてくれる業者が提供しているプランの1つです。結婚式等のイベントの際に利用されることが多いです。

イラストの演出

教会

結婚式にあるウェルカムボードを見たことがある人は多いでしょう。新婦と花嫁の似顔絵が描かれており、招待されたゲストを歓迎する演出の一つとなっています。この演出があるのとないのとでは印象が大きく異なります。